MENU

専業主婦の多くに課される消費者金融の金利

私が利用したサービスは、専業主婦向けのサービスで、約30万円までならば借り入れできるというサービスでした。制度としては比較的新しいサービスらしく、審査もスムーズにできました。いろいろ調べてみると他のキャッシングやカードローンと審査内容は変わらないようでしたが、主婦向けということで夫の収入を証明できるものが必要でした。昨年分の納税証明書でその収入が証明できました。

 

手続きはどこか銀行に行ったわけではなく、ネット上からスキャナーで取り込んだ書類や免許証をメールに添付して送るような形で申し込みも審査もできました。個人的にはとても心配でしたが、ネットからでも安全に申し込むことができ、審査結果もすぐに出てきました。

 

金利の割合は詳しくはないですが、利用限度額が低いサービスほどかかる金利の割合が大きく設定されるそうです。私の場合も18%という金利に設定されており、早めに繰り上げ返済をすれば金利もかかりすぎずに済むということでした。主婦は基本的に収入がないですが、こうしたサービスを活用すると借り入れもできるようになるので、工夫して頼ってみてもよさそうです。私自身実際に使ってみて不安なことも特になく、毎回コンビニで気軽に利用できます。

 

返済も自宅のパソコンからネットバンキングをして自分のメインの口座から振り込みで支払うこともできるので、寒くて外に出たくないときなどはコンビニまで行かなくてもネットから返済できます。金利の高さを実感したことはまだないですが、他のサービスと比較すると少し支払っている総額は多いのかもしれません。一括での返済や多くても2回、3回くらいで支払えるようにするとその負担も大幅に減らせるでしょう。

ローンの金利と借入金額の関係

ローンの仕組みとして、借り入れた金額が低ければ金利は大きく、借入金額が高額だと、金利の割合は低くなります。そうしないと利用者が増やせないというのもありますが、この金利がないと金融機関は利益を出せないので工夫して支払いをするようにしましょう。

 

借入金額が必然的に少ないサービスの場合は、金利はどうしても大きくなってしまいます。少しでも金利を減らしたい場合には、できるだけ1回で返済するとお得です。繰り上げ返済や一括返済というものを活用し、少しでも負担が減らせるようにお金の都合もつけるようにしましょう。金利が大きいと不安に思う場合も、金利の仕組みをしっかり勉強して理解し、返済のトータルコストも確認するとよいです。

繰り上げ返済や一括返済を活用

繰り上げ返済や一括返済が自由にできるサービスとそうでないサービスがあります。特に、キャッシングを提供する消費者金融の多くは、金利だけが利益になるので繰り上げ返済のタイミングもあまり多くは設定しないようにしています。銀行系のサービスでは、繰り上げ返済も何度でもできるものが多いですが、利用するサービスを選ぶときには契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

 

少しでも返済の負担を減らすためには、しっかりと金利のことを考えてサービスを選ぶ必要があります。返済の方法もできるだけ種類が多い方が良いです。ネットバンキングや口座への振り込みなど、コンビニからでも返済できるサービスはとても安心です。

消費者金融も十分頼れる

大手の消費者金融は、銀行と同じように資金に余裕があり、返済もある程度余裕をもって行える場合が多いです。主婦向けのサービスでも同様に、しっかりと工夫して返済できるようになっているのでサービス内容もよく確認してから契約するようにしましょう。消費者金融だからと言って全く頼りにできないわけではないので、先にしっかりサービスを比較しましょう。

 

逆に、大手消費者金融だからと言って安全に利用できるとは限らないので、契約内容やサービスの概要は特にしっかり読んでから利用しましょう。主婦向けローンの場合は、他のキャッシングや学生ローンのようにメリットばかりではないので、デメリットやリスクについても十分理解してからの借入が必須です。